個人がホテルを自宅代わりに使うことはできるの?

みなさんは映画の1シーンで、ホテルを自宅として住んでいる場面を見た事があるかと思います。
現在、アメリカでの1万人以上の方やご家族が、ホテルを自宅代わりとして使っていると言う統計もあります。

では、日本ではそのようなことはできるのでしょうか。
もし、あなたがホテルを自宅代わりにして一定期間住もうとしたならば、ホテルと年間契約を結ばなければなりません。

ここでは、ホテルと年間契約を結び、長期のホテル住まいをするために必要な諸手続きについて見てみたいと思います。

ホテルに住むために年間契約を結ぶ際には、安定した職業と身分証明書を持ち、同時に連帯保証人(印鑑登録証明書も提出)が必ず必要となります。
その後、ホテル側の審査を経て契約となります。
契約時には契約書を2通作成し、ホテルの指定した保証金を預入れ、ホテル指定の火災保険等に加入します。
ホテルによっては、入室料を徴収する所もあります。
契約期間は原則として1年間となり、契約満了時には更新することもできます。更新の際には、改定された室料の1ケ月分が更新料として徴収されるケースがほとんどです。

ホテルにより異なりますが、毎月の費用としては、室料と管理費などがかかります。
ほとんどのホテルでは電気料金やインターネットなどの使用料は無料となっていますが、室内にある電話の料金は別途支払います。
ホテルによっては、朝食(ほとんどがバイキング形式)を無料でサービスしてくれる所もあります。

中途解約を希望する際には、解約予定日の1ケ月前までに文書で通知しなければなりません。その通知を怠ると、解約成立日までの室料や諸費用(管理費や電気料など)を支払わなければなりません。
解約時には、部屋の現状回復費用として、ルームクリーニング代、エアコンの洗浄代、などを支払うことになります。

これは個人がホテルを自宅代わりに使う際の例ですが、最近は法人が福利厚生の一環として会員制リゾートホテルの年間利用契約や、サブオフィスとして借りるケースも目立ってきているようです。

これからの時代は「量より質」

バブルがはじけ飛んだあの日から・・・って。
そんな難しい話をするつもりはありません。
実は、先日友人の結婚式に招待されて、仲間と出かけてきました。

友人からは前もって「ごく親しい人たちでやるからね~」と言われていたので、それなりのイメージはもって参加しました。

でも、すばらしかった!
決して豪華とはいえないですが、なんだろ・・・すごく、暖かみのある結婚式でした。
なんというか・・・素直な気持ちで祝福できる感覚を味合わせて貰いました。

婚約指輪も高価なものではなく、小ぶりで可愛いデザインリングでした。
一般的に、婚約指輪は給料の3ヶ月分とか言われていますが、それは一昔もふた昔も前のことでしょう。

この時代、そんな形式張った行為には何の意味も持ちません。
かえって、もったいないですよね。

その分の費用は、新居への支度やベビー誕生のためにとっておく方が、どれだけ価値のあることか・・・。
しみじみと・・そう感じました。

そうですよね・・・これからは量より質の時代なのかなぁ~・・・
そう感じさせて貰いました。

帰宅後、早速ネットで【横浜・婚約指輪・結婚指輪】を検索しましたよ。
実は、来春には私も・・・。

ここがイイかなぁ~
▼横浜で安い婚約指輪と結婚指輪ならレイジースーザンららぽーと▼
qdm-market.jp

どうせ行くなら行って得する脱毛エステを選ぼう!

ムダ毛処理は非常に面倒なもので、自己流で続けていると肌を傷め続けることになります。
最近はエステサロンで安く脱毛できるようになったので、「いっそのことワキだけでも脱毛をしてみようかしら?」と思われる方も多いでしょう。
しかし、エステサロンでは永久脱毛ができないために、「再生してしまうのでは?」という心配もあります。
医療脱毛と脱毛エステで悩んでいるのであれば、一度「全国の脱毛エステサロンランキング!行って得する脱毛エステは?」をご覧になってみてはいかがでしょうか。→こちら

脱毛エステでは医療行為ができないのでレーザーほどの威力はありませんが、毛の量や質によっては半永久的に再生しないことが多いです。
医療脱毛よりも低料金でできるため、効果の高いエステサロンを選べば面倒なムダ毛処理からは解放されます。
もちろん、全ての脱毛を終えるまでには最低でも1年以上は掛かりますが、その後の負担のことを考えたら「選んで正解だった」と満足している方が多いのです。

脱毛エステの光はどれも同じですが、トリートメント方法がお店によって違います。
エステは美を追求するお店でもあるので、肌にうるおいを与えるメニューを設けているところを選んでみてください。
きっと、脱毛以上の喜びを感じることでしょう。